熱血!副業部

実のところ、youtuberで稼ぐ副業は1再生あたり〇〇〇円 | 好きなことして稼ぐは本当に実現できるのか?

      2017/10/06    - youtuberで稼ぐ


Youtuberは実際に稼いでいる?収入の本当の部分をお見せします。

youtuber

最近Youtuber(ユーチューバー)という言葉を良く耳にする…

そんな人も多いんじゃないでしょうか。有名YouTuberには、HIKAKINさんやマックスむらいさん、はじめしゃちょーなど各ジャンルで多くの有名Youtuberが誕生しています。しかも、現代の小学生の夢の職業のひとつになっているそうです。

さて、そんなYoutuberの皆さん。

「本当に稼げているんでしょうか。」

気になるところですよね。

また、

「素人でもYoutuberで稼ぐ事ができるんでしょうか。」

実際にユーチューバーになって稼ぎたいと思う方はたくさんいますから、そこら辺も気になりますよね。

そこで今回は副業部もYoutuberとして動画を複数アップしてみて、その収益金額を検証してみました。

 

Youtuberの収益の仕組みはどうなっているのか

そもそも「youtuber(ユーチューバー)」って何で稼いでいるか知っていますか?

これは知っている人も多いと思いますが、広告収入です。

実際にYoutuber側で以下のような広告配信設定を行ない表示回数などにより収入を得ています。

youtuber-money

Youtuberにはこれらを設定していない人もいて、収入目的でない方も多くいます。

簡単にザックリと説明すると、youtubeにオリジナルな動画投稿を行い、視聴閲覧者に対して広告動画を流す事で収益を得る事がyoutubeではできます。閲覧者や視聴者が増えてくればくるほど高い収入が期待できます。

そういった仕組みでYoutuberは収益をもらっているのです。

Youtuberで稼ぐ前に知っておきたいこと

では、Youtuberはいくら稼いでいるのでしょうか。

それをお知らせする前にまず先に言っておきたい事があります。それは、ジャンルやチャンネル登録数、視聴完了時間など、そのアカウントが持つ動画全体のクオリティによって大きく差が出るという事です。

また、Google広告が持つ予算によっても変わってきます。

つまり、この広告を良く見ると思ったジャンルに合うユーザーが視聴者の中に多くいると収益は上がりやすくなります。もっと分かりやすく言えば、Googleがネイル広告の予算を1億円持っていたとしたら、やはり視聴者に女性が多い動画に配信したい訳ですから予算の分配が偏るという事です。

Youtuberの報酬と1再生あたりの収入状況

実際に動画をアップしてみました。

テストで動画制作をしたため、色々とモザイクさせて頂きますがご了承ください。

スクリーンショット_2017-02-03_22_36_16

実際にYoutuberとして動画をアップロードをすると、上記の管理画面でコントロールができます。

はっきり言ってしまえば

「使いやすい!」

「素人でも簡単にできちゃう!」

この二言に尽きると思います。

また、Youtuberクリエイター専用のアプリもiphone、Androidの両OSであるので、もし始める方はアプリもDLしておくと良いかもしれませんね。

youtube-studioappstore-dl youtube-studiogoogleplay

初めてのYoutuber報酬はいくらだった?

では、Youtubeに動画をアップロードした結果、収益はいくらだったのでしょうか?

普通の素人だった僕が、動画編集ソフト(5000円)を購入して5本の動画をリリースした際の収益をお伝えしてみます。

スクリーンショット_2017-02-03_22_42_26

少し見づらいですが、動画リリースから14日間の報酬が30.12$です。

管理画面ではアメリカドルの換算なので日本円に直すとだいたい3300円くらいです。

それぞれ再生数にはバラつきがありましたが、最高地点で1日5000〜10000再生。最低でも1日10〜100再生ってとこですかね。

もちろん前者くらいの数字が続けば稼げますが、後者ではなかなか稼げません。

1再生数あたりの収入

今回、約3300円(30.12$)の収入到達時点で約78000再生されていました。

ですから、1再生あたりの報酬は0.04円になります。

さて、これが高いのか安いのか。判断はお任せしますが、自動的な収入と考えれば悪くないのかもしれません。

有名Youtuberはいくら稼いでいるのか

副業部の実験的なYoutube収益が分かったところで、今度は有名Youtuberの収入状況を紐解いてみましょう。以下はあるyoutuberさんの2年前の実績数値をお借りしますが、11億の再生回数もあります。

スクリーンショット 2016-03-08 12.21.54

ここには推定1億と書かれていますが、これは当時の話なので、現在だと半分もないくらいでしょう。

Youtuberの収益予測表

再生数/1本あたり 予測収益
100万view 4万円
500万view 20万円
1000万view 40万円

これくらいの収益にはなると思いますが、実際には商品を紹介してもらったりするなどしてYoutuberと直接(スポンサー)契約している人もいますし、代理店と契約してそもそも商品紹介のためのYoutuberもいます。なので、上記が100%と言う訳ではなさそうです。

▼職業別の副業特集ページ

salaried-man collegestudent-rank
teacher-bijiness freeter
cameraman-fukugyou enjiner
65over hoikusi-fukugyou

しかし現実は甘くない?実は素人youtuberが続々リタイア宣言している?

実はYoutuberで稼ごうとしているYoutuberのほとんどは途中で諦めてしまっているんです。

・動画広告レートが急に落ち込む 収入「激減」にユーチューバー嘆く

・「勝ち組・負け組」に二極化していく可能性も

引用:J-CASTニュース

また、Youtubeの出稿企業がYoutuber本人と直接契約を結ぶ傾向があり、広告レートも落ちているそうです。そうなると勝ち組・負け組の差はもっと大きなものになってきそうですね。

それでもYoutuber目指したい方へ

youtuber

昨今のYoutuberは、PV数を集めるために過激な事や法律違反をして逮捕されたりするケースが多くあります。

実際にYoutuberはそんあ過激な事をしなくても稼げる市場であり、Youtube運営側が掲げているように「好きなことで生きていく」の通り、自分の好きな事を追求していけば十分だと思います。もし、本気でYoutuberを目指すならまずは、ある程度の下準備も必要です。

主な方法としては、

【1】撮影できるスペースがあるか。

それぞれのチャンネルの方針もあると思いますが「撮影できるスタジオの確保は必要」です。自宅で配信できる手軽さもある一方でYoutubeは不特定多数の人が見ますから個人情報を特定されてしまう可能性もあります。その為にも撮影できるスペースは少なからず必要なのです。

【2】先輩Youberのコンテンツを勉強する

まずは再生数を集めチャンネル登録をしてもらう事が必要不可欠です。その為にも、まずは先輩Youtuberを参考にしてみて、

「どの動画が評価が高いか」

「どの動画が再生回数が多いか」

などを細かく調べてみて書き出してみましょう。10本よりも100本。100本よりも1000本と研究した方がYoutuberとして成功しやすいはずです。

【3】顔出しすべきかを考える

Youtuberの中には顔出ししている方とそうでない人がいます。

必ずしも顔を出さなければいけないという考えは捨てて、自分が興味あるジャンルで無理なく配信していくスタイルを取っていく事が良いでしょう。

【4】撮影機材を揃える

配信にはそれなりの機材があった方が良いと思います。

画質や映像などの処理速度によっては、せっかく良いコンテンツを作っても視聴者に不快に思われてしまう事も十分に考えられます。ですから、それなりの機材投資は必要です。

【5】所属先を希望してみる

どうしてもうまくいかないと思った時は、事務所所属もありだと思います。その際は、安全な事務所かを確認する必要もあります。中には撮影料やスタジオ代として料金を取られる事務所もあるので注意してください。

 

以上です。

そんなこんなでYoutubeは好きなことをしたい人が自分を出していく場所だと思っています。

収益を考えずにまずはやってみるという考え方で進めていけば、成功でも失敗でも人生の良い経験になると思います。

何よりネタにもなりますよw

 

sukinakortodeikiteiku

副業部の特集ページ

top-mother raku-sidebusiness
salaried-man collegestudent-rank
teacher-bijiness freeter
65over ubereats-manual
最終更新日: 2017/10/06