熱血!副業部

WordPressでまとめて画像圧縮ならEWWW…設定方法とまとめ


スクリーンショット 2016-03-16 15.36.48

スクリーンショット 2016-03-16 15.36.39

 

サイトが遅い時、Googlespeedtestnを利用すると思いますが、結果こんなに低い数値みるともううんざり…ですよね。今回は、この2つ入れておけば間違いなく軽くなる!っていう画像圧縮プラグインを紹介していきたいと思います。

 

それはEWWW Image Optimizer

スクリーンショット 2016-03-31 17.02.08

 

難しい事は嫌いなので簡単にいうと、

このソフトは、”今まで“と”これから“の重い画像全てを軽くしてくれるソフトです。そして、このソフトの魅力は何といってもワンクリックで画像圧縮ができる点です。次回以降のアップロードした画像も、これまでの画像も全て圧縮してくれます。

 

 

【インストール方法】
Wordpress管理画面左サイドメニューから、「プラグイン」→「新規追加」と進み、「EWWW Image Optimizer」と検索します。上記ロゴが出ますので、インストール・有効化します。

【メイン操作場所】
EWWW Image Optimizerは「設定」から行います。

 

“これから”の画像を自動圧縮してくれる設定

 

【設定方法】
基本となる設定をします。
全く難しくはなく3分程度あれば完了します。※指示箇所以外は全てそのままデフォルトで大丈夫です。

 

まずは「Basic setting」です。

 

Remove metadata「This will remove ALL metadata: EXIF and comments.」にチェックを入れます。チェック完了後、上にあるAdvanced settingタブをクリックしてください、

 

次に「Advanced setting」を行います。

 

初期の数値は異なるので、
以下「」内のプルダウンメニューから太字のレベルを選択してください。

 

・optipng optimization level「level 3:16trial
・pngout optimization level「level 0:xtreme! (slowest)

 

これで終了です。

この2箇所のセッティングを完了すると、移行アップロードする画像は圧縮された軽い画像になります。

 

“今まで”の画像を全て圧縮する設定

 

【メイン操作場所】
Wordpress管理画面の「メディア」から行います。

 

【設定方法】
「メディア」→「Unoptimized Images」をクリックします。画面内に「Optimize all images」ボタンが表示され、その上か下に「We have ●● images to optimize.」となっています。●●が圧縮されていない残り枚数の数値なります。

残り圧縮可能枚数が0枚の場合はボタンは表示されません。

※注意点
残り枚数が多ければ多いほど時間がかかるので注意が必要です。

 

 

本プラグインの総評

EWWW Image Optimizerは、画像圧縮を自動で、しかもワンクリックで行えるプラグインです。

画像圧縮が行われると、サイト表示が改善され表示速度が上がります。そうなると結果的にはGoogleのクローラーにおける改善を図る点でも評価が見込めるツールなのです。点数つければ95点

WordPressでのサイト、ブログを制作したらまずこのプラグインは導入するようにしましょう。

 

【紹介】副業部では色々な副業実践中!

もし、すぐに稼ぎたいという方には、過去のこの記事でもご参考ください。

【超具体的】FX口座開設キャッシュバックで確実に2万円を稼ぐ副業

【超具体的】副業で最大100万円を稼ぐライブチャットの安心安全な始め方

【超具体的】1ヶ月で6万円を「確実」に稼ぐ副業のやり方

知っている人にとってみれば当たり前な方法ですが、結構うまくいきます。

最終更新日: 2016/08/22