熱血!副業部

企業がクラウドサービスへ発注したいのは、こんな時


発注するのはこんな時

クラウドソーシングはどちらかといえば発注者側の問題点を解決したのが先だといえますが、仕事を依頼する側にも受ける側にも双方メリットが存在します。

受注する側も「なぜ発注したか」を理解できるとスムーズな取引ができます。

発注者側

「すぐに資料を完成させたい」
「費用を少しでも軽減したい」
「少し違うものに仕上げたい」
「独創性の高い作品にしたい」

クライアントの発注理由は様々ありますが、難しく考える事はありません。

特に後半2つにある通り、あなたの感覚で作った方が1番望まれたりします。

しかも受注者側のあなたとしては、

「空き時間で収入を増やしたい」

やはり、ここが1番ですよね。

自分の得意な事を見つけて自分なりに作業する事が1番望まれる内容なんです。

クラウドソーシングは無料で稼ぐのが当たり前

「本当に0円で利用できるの?」

「後で請求されたりするの?」

そんな事を聞かれた事があります。

でもそれでOKなんです。

運営会社は1件あたりの利用料からマージンを差引します。なので、受注者はお金を払う事なく、基本無料でほとんどできてしまうんです。

良いシステムを0円利用できるのはクラウドソーシングサービスの大きな利点だと思っています。

クラウドソーシング初心者でも始められる

クラウドソーシングは年々増えてきており、そのサービスは更に多様化してきています。

つまり、「何から始めればいいか全く分からない」そんな人でも、自分の好きなこと、自分ができることから始める事ができてしまうのです。

クラウドソーシング一覧へ

 

クラウドソーシング関連記事まとめ

クラウドソーシングサービスに焦点を充てた記事をご覧になりたい方は以下よりご確認ください。

楽する副業は自分で見つけるからこそ楽ができる

パートに疲れた…。主婦が楽して稼ぐ3つの副業方法

「まるでスパイだぜ…」覆面調査バイトの副業4選

実はスゴイ!本業以外に稼いでた芸能人の副業5選+

100円ショップ商品を転売してサクサク稼ぐ副業

アンケートモニター4社を検証しながら月収を比較してみた記録

月10万円目標!ココナラの副業で稼ぐ裏ワザと秘訣

 

最終更新日: 2016/11/26