熱血!副業部

発注元から好まれる副業系WEBライターの5つの特徴

      2017/09/11    - 主婦向け在宅ワーク, 在宅(自宅)ワークの副業


今の時代に最適なWEBライターと記事作成のコツ

副業のひとつにはWEBライターとして「記事作成でお金を稼ぐ」という方法があります。

主にライターの種類の中には、キャッチコピー等を考えるコピーライター、本人になりきり文章作成するゴーストライターなどがありますが、今回は、ブログ等の記事作成を行なう「Webライター」に焦点をあてていきたいと思います。

▼職業別の副業特集ページ

salaried-man collegestudent-rank
teacher-bijiness freeter
65over ubereats-manual

 

Webライターのメリットとデメリット

これは僕なりの意見ですが、Webライター大きなメリットは「好きな時間に「好きな場所で作業ができる」という点かなと思います。

今のライターは、昔のライター(と呼ばれていたビジネス)とは異なりパソコンやスマホで簡単にできますから「いつでもどこでも」というメリットがあります。

クラウドソーシングを使えば、記事作成案件はごろごろありますから案件に困る事はほとんどないんじゃないでしょうか。

反対にデメリットは「仕事である」という点です。

やはり取引したい相手もお金を出して依頼している訳ですから、相手のペースに合わせて取り組む必要もあります。

この辺は大切です。

メリット【80%】:デメリット【20%】

Webライターはこんな人に最適

半永久的にネットに残る文章になるので、最も大事なのは「文章能力」です。

また、相手がどういう構成で書いて欲しいか、また、相手が記事依頼した目的を早めに掴めると作業を、一段と早く作業をこなす事ができるようになります。

発注側の意図を汲み取れる人

 

記事作成の平均価格

記事作成の報酬は、クライアントやサービスにより価格に大きな差があります。

【平均価格】
1文字 0.5円〜20円 [平均金額]
1記事 200円〜1500円 [平均金額]

【ポイント】
依頼される記事は様々なジャンルがありますが、1番のポイントは専門分野の記事が書けるか書けないかによって収益に差が出ます。また、当然ですが、誰に書けるような内容は安い傾向にあり、書けない内容は高い高い傾向があります。

この点はライターが手にする平均価格に影響が出るポイントになってきます。

shutterstock_289771148

発注元に好まれるライターとは…

副業部が行なうアフィリエイトでも多くのライターさんに発注をかけています。

継続したくなる優良ライターの共通点

「また頼みたい!」と継続依頼をするライターさんの共通点を挙げてみます。

①納期を守る

基本的に発注元はキーワードを選定したうえで、ある程度の内容が出来上がった状態で依頼するので、納期の期日にも“ゆとり”を持たせる事が多いです。

急ぎで発注する事は多くありません。その為、提出する記事の内容云々より、期日は最低限まもる必要があります。

 

②報告連絡相談ができる

記事チェックの為の確認報告は当然ですが、遅れる場合などの事前相談ができるというのも重要です。遅れる場合や記事内容に関する不明点は必ず質問するようにすると発注元に良い印象を与えます。

 

③読む人の気持ちを理解できる

記事作成を依頼するという事は、読んで欲しいターゲットが必ず存在します。

依頼の中にあるキーワードをうまく使い分け、読んでいる人の気持ちになって書いてくれる事が1番の理想です。

 

1回きりで良いライターの共通点

ここからは「2回目はないな…」と思うライターさんの共通点を挙げてみます。

①誤字脱字がとにかく多い

1〜2箇所程度であれば許容範囲ですが、それ以上となると頭を抱えます。

 

②漢字が多くて読みづらい

発注元にもよりますが、文字バランスが重要です。漢字続きの文章の場合、読み手にストレスを与えるというデータも出ているくらいですから平仮名と漢字のバランスを整える文章にしましょう。

 

③継続したいライター①〜③項目の逆

継続したいライターの共通点にある①〜③を正反対でしてしまっている人。当然の事ですが、これらを全てできないライターは発注する意味がなくなります。また、市場からも敬遠されてしまう可能性が高まるので注意してください。

 

shutterstock_193224749

これから注目したい内容

ライターはクラウドサービスの増加によって増えており、そのライター選別をするクライアントによっても見極めされる時代です。それと同時に「記事の質」が問われる時代にもなってきました。

・他のライターとは違う
・選ばれやすい記事を作る

主にこの2点がこれからのライター活動にとって重要であり、継続的に収入をもらいながら勝ち抜く為のポイントです。

しかし、これは当然の内容。

では、WEBライターでもっと稼ぐための良い視点を副業部がお伝えします。

それは、以下2点です。

①流行キーワードを取り入れる

優秀と思えるライターさんは”しれっと”流行のキーワードやこれから流行しそうなキーワードを文中に入れてきます。

「使ってやったぜ!」というよりも「さりげなく使う」事がポイントです。

 

②文字数稼ぎをしない

1日100記事ほどの提出された内容を見ていますが、文字数稼ぎの記事は明らかに目立ちます。漢字を平仮名にするのはまだ許容範囲ですが、頻繁に接続詞を使ったり同じキーワードを異常なほど使うライターがいるのも事実。これは文字数で一定の報酬を支払うタイプの案件であればクライアントにストレスと負担を与えてしまうので控えるようにしましょう。

この2つさえ意識して記事作成ができれば、報酬や継続率も上がります。

shutterstock_326433818

記事を書くコツ

では、Webライターとして更に”うまく”記事を書くコツを紹介していきます。

そもそもこのブログを読んでいる方は、文章を書く意味をご存知でしょうか。

文章を書く意味とは、

丁寧に文章を書いたり、誤字脱字をなくしたりしていくのではなく、

「次の文字を読ませること」

です。

その為にライターとして何をしなければいけないのか。

それは、

「読者を飽きさせないこと」

です。

しかし、これだけですぐに理解できるものでもありません。当然のように見えて実は難しいのです。これを理解できる人はすぐにライターになれます。

なので、まずは、

「飽きる理由」

から探しましょう。

 

具体的に何をすれば良いのか。

どんなに良い文章を書いたとしても、堅い辞書になっては意味がありません。

ネットで読む人はwikiという最大の辞書がありますから、それで解決してしまいます。つまり、特徴を出していかなければならないという事です。

オススメは「顔文字」を入れること。

(ㆀ˘・з・˘)ホントニ-?

個人的には次は何を書くか期待したくなる書き方、読者に臨場感を与えます。

(´・д・`)フムフム…

ただし、これはライターの仕事として基本NGとなるので注意してね。

ナンデヤネン!!∑( ゚Д゚ノ)ノ

g24g24

結論

WEBライターの記事作成は、書けば書くほど稼げる良い副業です。

「私、自信ないかも…」

なんて方でも実はセンスがあったりします。実際に自分の従姉妹もそのパターンでライターにハマっていきました。

記事作成の副業を始める前に抑えておきたい点としては、

「どこでもできる」からこそ、1日の中で集中できる時間が必要なるということ。

家でやる場合、なかなか集中できず時間が過ぎる事もあります。案件依頼を受けたらその時間は必ず確保しましょう。

いずれも記事作成の副業は「数をこなせばお金がもらえる」ので自分のペース次第では大きな収入を得る事ができます。

良いWebライターの副業を続けていくためにも大切な事は覚えておきましょう。

稼げる高収入ライターになるためには稼げるクラウドサービスを選ぶ事も大切です。以下にライター向けのクラウド候補を出しますので確認してみてください。

 

記事作成案件を探す

サービス名 短評 評価
クラウドワークス
 記事案件数豊富  ★★★
ランサーズ
 記事案件数豊富  ★★
Shinobiライティング
 数多いが単価安  ★
クラウディア
 新参系サービス  ★★
サグーライティング
 記事特化型  ★★
Bizseek
 案件が少ない  ★
REPO
 ブログ系記事  ★

この中で副業部のおすすめはサグーワークス。サイトの構成はもちろん、記事案件以外でもライターやクライアントの質が高く、スムーズにやりとりが可能。

スクリーンショット 2016-08-24 12.14.19

記事作成案件も豊富にあります。

何といっても国内最大級ですからね。

ランサーズも有名ですが、クライアント側での使いにくさが少し難点。それでも、常に継続したいという方は複数のサイトを掛け持ちするのも1つの手ですね。

副業部の特集ページ

top-mother raku-sidebusiness
salaried-man collegestudent-rank
teacher-bijiness freeter
65over ubereats-manual
最終更新日: 2017/09/11