熱血!副業部

詐欺なの…?LINEに友達追加やID共有しようとしてくる副業業者の中身

       - 絶対やってはいけない副業


「楽は苦の種、苦は楽の種」

こんなことわざがありますが、僕は好きです。

どんな時も副業は、楽の種を巻きながら苦をしますが、楽をするという事は苦の種を巻く事にしか過ぎません。でも、楽の種を巻くにも正しい巻き方っていうのがあると思うんですよね。

い誰かn怪しまれるような方法で種を巻いてもその種は育ちません。

今回は「LINEヘ誘導してくる副業」について考えてみました。

副業部なりの思考で考えているので、本当のところは分かりません。

そういう感じで気軽に読んでみてください。

LINEに誘導する副業

世の中には様々な副業がありますが、どの副業においても多いのが「LINEID…に友達追加してね〜」という誘導です。

実際に友達追加のために使われるLINEIDの追加ですが、このような方法でも使われる事が多いんです。

知らない人からのID追加の連絡をとってみたところ、お金に関する副業、投資、マルチ勧誘だった割合が約90%にも及びました。

そのLINE誘導が主に利用される内容を調査してみました。

すると、

・副業紹介の為の誘導
・出会い系垢への誘導
・チャットガールの宣伝用
・LINE@ビジネスのフォロー

これらが基本的に多く見られました。

そのほかメールやSNS、メッセ系アプリなどからの誘導を含めると無限にあると思います。

 

LINEID追加機能を使って必死に勧誘してくる理由とは

これだけSNSが普及している中で、勧誘業者はなぜ「LINE」を指定して使う事が多いか不思議に思う事ありませんか。

それも1つの戦略があるんです。

まずLINEは友達追加しやすいという点です。

仮に、メールアドレスを交換したとしたら、メアドの登録に手間がかかりますし、いきなりメアドを教えたところで転売されたりする不安が出るでしょう。

更にLINEには既読機能がありますよね。

この既読機能が非常に有効で「読まれたか読まれてないかを判断できる事で業者のマニュアルに沿った戦略ができる」のです。

 

LINEが使われるポイント

・友達追加がしやすい
・連絡を取りやすい
・既読、未読の確認ができる
・リアルタイムである
・ユーザーとの距離を縮められる
・アカウントペナルティがない
・本人である事を証明しやすく高い信用性がある
・LINEを使用する事は抵抗がない

 

LINE誘導の副業種類

副業部で調査検証したところだと、LINEに勧誘されて売り込みされる商材が確認できているのは以下の副業です。

・アムウェイ
・ニュースキン
・ネリウム
・FX
・ビットコイン
・iqspec
・ネットショップ経営
・アダルトチャット出演
・情報商材の販売
・パチンコパチスロの打ち子
・ドロップシッピング
・占いサイト
・サクラバイトの紹介

最も多いのはMLM(マルチレベルマーケティング)、いわゆるねずみ講の手法で多くの被害が確認されています。

その中でも以下の方法を取るように指示してきた場合には注意してください。

「事前に電子系マネーを購入させる」

これです。

もしもこの連絡が来た場合は、連絡を取る手段をストップした方が良いでしょう。高い確率で、番号を抜かれただけで、連絡が取れなくなります。

 

売り方に問題がある事を忘れてはいけない

詐欺被害に会わないようにするためにも、まずはユーザー自身が正しい知識を付ける事が最も効果的な防止策です。

被害に遭う方は「とにかくお金を稼ぎたい」という方のほか、ほとんどが副業初心者やLINEを始めたばかりの高齢者層です。

人はお金という言葉には非常に敏感ですから「お金を稼ぎたい気持ち」があって当然です。

ですが、そこに付け入る業者もいますからやはり注意が必要です。

1番は正しい売り方をしていて実績があるか、また、その商品や方法の口コミや評判等を調べるのも有効ですが、こういったジャンルはいつも調べている時よりも倍の数を調べるようにしましょう。何かひとつでも良くない内容があるのであれば検討時間を長くした方が良いと思います。

良い副業の見つけ方は1つしかありません。

 

正しい副業知識を持って臨むようにしていきましょう。

副業部の特集ページ

top-mother raku-sidebusiness
salaried-man collegestudent-rank
teacher-bijiness freeter
65over ubereats-manual